相性

手作り青汁の作り方

売っている青汁は大麦若葉、あしたば、ケールなどがありますが、毎日手作りする青汁にいれることは困難な場合が多いです。
小松菜、しそ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、パセリ、バナナ、オレンジなどを入れるといいでしょう。
ほうれん草はシユウ酸が病気をひきおこす場合があるので避けましょう。

作り方は簡単。
きれいに野菜を洗います。
ミキサーやジューサーにはいる大きさに切ります。

ミキサーにいれた場合は布でこす手間がはいります。
ジューサーは出てきたものを飲むだけなので簡単です。
ガ―ッとかきまぜてつぶつぶがなくなったら出来上がりです。

出来立てを味わうように飲みましょう。
野菜についてですが、できれば無農薬のものを選びましょう
有機野菜でもいいと思います。

ちょっと高いスーパーや百貨店で手にはいります。
農薬の少ないものを選ばないと健康的とは言えないからです。
毎日飲み続けるものですので、鮮度のよい無農薬野菜を選ぶことが大切です。

後片付けが大変だと思う人も少なくないでしょう。
今は簡単に後片付けができるジューサーが売られています。
家電量販店を覗いてみましょう。

昔よりずっと簡単に手間がかからないようにできています。
朝1杯の手作りの青汁を飲んでから出かけると1日の疲れが違います。
美肌にもなりますので女性の方はうれしい素肌を保ち続けられます。

便秘にもよく効くので毎日快調という方も多いでしょう。
ミネラル、ビタミン、食物繊維などが簡単にとれます。
顔の表情も生き生きしてきます。

貧血で悩んでいた人もうそのように治ります。
中性脂肪が多くて脂肪肝というひとも多くなってきていますが、野菜の栄養素が体つきを変えてくれます。
できれば簡単な運動ウォーキングなども始めるといいでしょう。

今度の健康診断の数値もよくなることでしょう。
朝は食べられないというひとも青汁1杯なら飲めるという人も多いと思います。
たっぷりの栄養素がはいった青汁1杯を毎日続けるだけでも体の調子はよいほうに変わってきます。

Copyright(C) 2013 体の健康維持に欠かせない人気の栄養素 All Rights Reserved.