相性

ホット青汁の効果

寒い時に冷たい青汁を飲むともっと寒くなってしまいそうな時があります。
ではホットはどうでしょうか?
すごく熱くするとミネラルやビタミンがこわれてしまって効果が半減してしまいます。

60度ぐらいの温度でちょっとぬるま湯ぐらいの感じで飲むのは大丈夫です。
夜なかなか寝付けなくてホットミルクを飲む人もいると思います。
ホット青汁ミルクはいかがでしょうか。

もちろん人肌ぐらいのあたたかさにしてゆっくりと飲むのです。
リラックスしてゆっくり寝付ける気がしませんか?
青汁にはいろいろな栄養素がはいっているので熱湯にするのは栄養素が破壊されてしまってもったいないです。

冬でもヨーグルトを食べる人はヨーグルトに青汁を混ぜて食べてはいかがでしょう。
ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が破壊されることもなくしっかりと体の中へはいっていきます。
冷たいものを飲んでもゆっくりと口の中で温めながら飲めば飲めるものです。

最近では冬でもアイスクリームを食べたりしますよね。
こたつにはいってアイスクリームを食べるとすごくおいしく感じます。
青汁もあたたかい部屋で冷たくして飲んでもおいしいものです。

できるだけ栄養素を破壊されない方法で飲むほうが体にとってはいいでしょう。
ホット青汁にしても栄養素全部が破壊されるわけではないのですが、効果的なことを考えるとやはり冷たい方が体にとって得だと言えるでしょう。
青汁を飲むと冷えた体が温まってきます。

いろいろな栄養素がはいった青汁が体の中でゆっくりと働きだしだんだん体が温まってくるのです。
ホットにしてもアイスにしてもその効果はありますので冷え性の人は、どちらにせよ青汁は飲んだほうがよいでしょう。
手の先や足の先がいつも冷たい人は末端冷え性と言えます。

お腹もかなり冷えているはずですので臓器もかなり冷えていると言えます。
青汁で体の中から温かく快適にしましょう。
健康的な体作りをこれで作るようにしましょう。

Copyright(C) 2013 体の健康維持に欠かせない人気の栄養素 All Rights Reserved.