相性

青汁のダイエットの方法

朝ごはんの代わりに朝青汁を飲む人が多いようです。
朝は食欲がなくなにも食べないという人も多いですが、1杯飲むだけで健康的な生活が過ごせます。
朝は排便の時間。

起きてから午前中はあまり食べなくてもよいという人もいます。
1杯飲んで便通が来るのを待ちましょう。
お昼を抜きのダイエットをする人がいますが、栄養学的に見ても無理があります。

一番動かなければならないお昼にしっかりと食事をしたほうがいいと思います。
お昼を抜くと頭がぼおっとしたり、記憶力が薄れてきたり、動きたくなくなってしまいます。
夜は後は寝るだけですから夜青汁を飲むダイエットをするのもいいと思います。

これだけではという方のために食べるカロリーを減らして飲むといいと思います。
だいたい1杯が3キロ〜25キロカロリーとなります。
その種類によっても差がでるので完全に何キロカロリーとは言えませんが、おやつでケーキ1つとかドーナツ1つ食べても300キロカロリーぐらいはいってしまうのでなんて少ないカロリーなのでしょう。

コマーシャルでのどが乾いたら青汁を飲んでいる人がいますが、そこまでしなくてもこれを飲んで野菜中心の食事をとっていれば自然とやせてくるでしょう。
青汁ダイエットをしている時の敵はジャンクフードと言われているものです。
せっかくよい栄養素の青汁を飲んでダイエットをしているのにハンバーガーやポテトなどを食べていたらよいダイエットになりません。

いくら抗酸化作用が働いてもジャンクフードで帳消しになってしまいます。
どうしても甘いものが食べたかったら青汁入りのヨーグルトや青汁ホットケーキなどを食べましょう。
作り方も簡単。
いつもの材料に青汁を混ぜるだけです。

一日3食青汁だけというのもきついと思いますが、プチダイエットがはやっているこの頃です。
土日だけプチダイエットでこれを飲んで軽いおかゆなどから普通の食事に戻していくダイエット方法もあります。
自分にあった方法でダイエットしたいものですが、青汁ダイエットは栄養がとれてダイエットできるのでとても良いダイエット方法だと言えると思います。

Copyright(C) 2013 体の健康維持に欠かせない人気の栄養素 All Rights Reserved.